« 高齢化率が50%を超えると限界集落なのか(←竜頭蛇尾) | トップページ | 今年は「ゆきわり大根」だけじゃないよ♪ »

2014.10.24

道端に全裸女性が立たされてた件

今日は、所用あって税務署だとか年金事務所だとか法務局だとかを回ってきました。
歩いて回ったので、たった4枚の書類を手に入れるのに2時間半もかかってしまったわけだけれども…
そのかわりにまちのいろんな事物を見ることができて、それはそれで楽しかったりしましたよ。



さて、センセーショナルなタイトルをつけてみましたが、まあこういうことです。

編集長、芸術やアートにはそこそこ理解のある方だと自認しておりますが…。この、道端に全裸女性が立たされている風景が素敵だと全然思えないのよな。これってどういう感覚なのかしらね…。

100歩譲って考えれば(というか1歩も譲らなくてもいいけど)女の人の身体が美しいとう主張には賛同するし、それを彫刻にしたいという芸術家の衝動は理解できる。でも、なんで道端に立たせておくのかが分からない。寒いし、恥ずかしいだろうから服を着せてやってほしい。じゃなければ、せめて部屋の中に入れてやってほしいです。

そう切に願う編集長なのでした。

|

« 高齢化率が50%を超えると限界集落なのか(←竜頭蛇尾) | トップページ | 今年は「ゆきわり大根」だけじゃないよ♪ »

02社説  (私の主張)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26464/60535735

この記事へのトラックバック一覧です: 道端に全裸女性が立たされてた件:

« 高齢化率が50%を超えると限界集落なのか(←竜頭蛇尾) | トップページ | 今年は「ゆきわり大根」だけじゃないよ♪ »