« コミュニケーションは技術だろうか? | トップページ | 道端に全裸女性が立たされてた件 »

2014.10.15

高齢化率が50%を超えると限界集落なのか(←竜頭蛇尾)

高知県香美市に、移住者とその子どもが住民の過半数を占める集落がある。物部町大西地区。11世帯20人のうち、ここ10年の間に高知県内外から移り住んだ人らが5世帯13人を占める。旧来の住民が地区外の高齢者施設に転出したり、亡くなったりで半減する一方、移住者が次々に人を呼んで下支えしている。30~40代が増え、高齢化率50%以上の「限界集落」を脱した。絶対的な人数は少ないながら、新旧の住民が自然の中で支え合って暮らす。
──「(cache) 高知新聞20141014の記事」より引用

ここで引用した香美市の事例はある集落における人口増の話題。こういったとても興味深い事例が全国各地で増えているように思います。こういう事例はたくさん見ておきたい。

今日は究極に時間がないので、とりあえずこの記事をもとに「限界集落」の定義について述べてお茶をにごしたい。そう思って書き始めたのですが…、そもそもの「限界集落」の提唱者である大野晃先生の著作が手元に全くなくて、なんにも書けないことがわかりました(笑)

まあ簡単にいえば、一般的に、こうした記事のように高齢化率(全人口における65歳以上人口の割合)が50%を超えることをもってその集落を「限界集落」と呼ぶことが多いようですが、しかし、そもそもこの「限界集落」という概念は、1991年に大野晃氏が提唱しているものです。それによると、限界集落というのは、集落の高齢化率が50%を超えてていて、かつ、集落活動の維持ができなくなっている集落を指すのだそうですよ。だから、単に数値が50%を超えているからといって「限界集落」であると言うのはちょっと違うのですよ。

まあ、そういう話なのですが、その根拠になる原典が確認できないのでちょっとこれで記事にするのはどうもね。

といいつつ、まあ適当に書いちゃってます。すみません。

|

« コミュニケーションは技術だろうか? | トップページ | 道端に全裸女性が立たされてた件 »

24社会面4「限界集落」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26464/60480064

この記事へのトラックバック一覧です: 高齢化率が50%を超えると限界集落なのか(←竜頭蛇尾):

« コミュニケーションは技術だろうか? | トップページ | 道端に全裸女性が立たされてた件 »