« 長野県がヒトのカオに見える件 | トップページ | 小規模集落支援サポーター人材募集のお知らせ »

2010.05.08

バーチャルリアルティを活用した景観まちづくり

「デザイン都市・神戸」の実現のためには、市民一人ひとりの「わがまち」に対する関心・愛着を高めていただき、市民自らの創意工夫によって、地域主体の景観まちづくりを充実させていく必要があります。
そこで、この取り組みの一環として、市民に「神戸のまち」をもっとよく知っていただき、興味を持っていただくために、都市模型とバーチャルリアリティ(仮想都市空間)を制作しました。
──「神戸市:都市模型とバーチャルリアルティを活用した景観まちづくり」より引用

デザイン都市神戸市では、国土交通省の「地域景観づくり緊急支援事業」の委託という形で、上記のような趣旨で都市模型と仮想空間を作ったそうです。4月下旬から元町のこうべまちづくりセンターで展示してるそうなので、面白そうだから今度まちづくりセンターに行くついでに是非見せてもらおうと思ってます。
こうした活動を通じて、まちなみデザイン誘導を図ろうという試みそのものは高く評価したいと思いますが、バーチャル空間が都心部の主要路線総延長5kmだけって、ちょっとショボくないですか?まあ、支援事業そのものの予算が約1千万円が上限だったと記憶していますので、ご予算的にしんどかったのかも知れませんね。

で、上記ホームページ上に公開されている仮想現実空間はこんな感じ。

Kobe_keikan_vertual

ところでGoogleMapがEarthに対応し始めたので、簡単に仮想都市空間が体験できるようになったことは皆さんご存知ですよね?なかなかすごいですよ。一時期流行った、なんだっけ・・・「セカンドライフ」(思い出すのに5分もかかりました)なんか「おもちゃか?」と思うくらい。
神戸市さんのデータも、まちづくりセンターで地味に公開するよりも、GoogleMapに乗っかっちゃえばいいのに・・・。と思いますが、そういうわけにはいかないんですかね?

で、上記の場所をGoogleMapで表示させてみました。こんな感じ。

Google_kobe

上の画像だけだと、GoogleMap君のすごさが分かりにくいので、編集長の前の職場付近も見てみました。

Google_kaiganbuilding

こんな感じ。海岸ビルヂング。なかなか頑張ってくれてますね。後藤回漕店さんの新社屋なんかもちゃんと反映されてて、なかなか力が入ってますな。

|

« 長野県がヒトのカオに見える件 | トップページ | 小規模集落支援サポーター人材募集のお知らせ »

33特集「景観まちづくり」」カテゴリの記事

コメント

三木市観光協会のヴァーチャル観光体験(?)も
なかなかイイですよ。
http://www.mikishi-kankou.com/mokuteki/vspot.html

投稿: ちはる支局長 | 2010.05.08 13:01

あの模型のベースは、Google Earthの画像やね。
1千万あったら、Google Earthに街路樹まで入れて都心を表示できると思うがなあ。

投稿: つじ | 2010.05.09 08:26

京都では、地域の人たちが、自分の町の景観を作っていくために、大学の研究室の協力で、バーチャルリアリティな町並みからどのような将来を望むのかという実験を進行させています。修得学区という所です。
また、町家調査の結果をVRに反映させられないか、3D化できないかなどを大学研究室と共同して検討中。
ご参考までに。

投稿: | 2010.05.10 07:04

上記投稿はtempeiでした。

投稿: tempei | 2010.05.10 07:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バーチャルリアルティを活用した景観まちづくり:

« 長野県がヒトのカオに見える件 | トップページ | 小規模集落支援サポーター人材募集のお知らせ »