« 山形県がヒトのカオに見える件 | トップページ | 長野県がヒトのカオに見える件 »

2010.04.15

景観ボランティアとコミットメント

景観ボランティアを募集します

町では、豊な自然や景観を保全し、後世に伝えるため、町独自の景観計画、景観条例並びに屋外広告物条例を制定し、魅力ある景観づくりに努めています。
この施策を実現するために、屋外広告物等景観に関する周知・啓発活動をしていただけるボランティアを募集します。

□任 期
平成22年4月〜平成23年3月

□活動内容
景観に関する周知・啓発活動(ちらし配布等)

□応募資格
(1)町に1年以上居住している方または那須町の事業所に1年以上勤務されている方
(2)平成22年4月1日現在で満20歳以上の方
(3)月1回以上活動ができる方
(4)景観条例等に違反していない方
──「那須町公式ホームページ」より引用

編集長の景観Googleアラートに引っかかったニュース。主なお仕事は景観に関するチラシ配布などのようです。
チラシ配布は悪いことじゃないのでやったら良いと思います。でも、編集長は、景観問題の根幹にあるのは、景観に対するコミットメントの不足というか、総論賛成各論反対の微妙な市民意識のあり方にあるとも思っているのですよ。で、このコミットメントの不足は「周知」とか「啓発」では解決できないのではないかと編集長は常々思っているのです。

いや、何か書かなくちゃと、ニュースだけ仕込んで、アバウトに書き始めたので、結論がどこにいっちゃうのか全くもって謎だということは、今ここで白状しておきたい。

じゃあ「周知」とか「啓発」じゃなくて何が大事なのかというと、イメージしているのは「工場萌え」とか「恋する水門」とか、あんな感じの営みではないかと思うのですよね。なんか景観を楽しむ視点が必要なのよ。たぶん。それがコミット人(こみっとびと、と読んでね)を育てることにつながると編集長は信じております。

独立して以来、お仕事もあんまりないことだし「うだつ萌え」とか「なまこ王子」とか「浄化センターマニア」とか「景観配慮型コレクター」の活動をいよいよ始めようかなあと考えていたりします。誰か地図と写真とブログが連動するシステムを私に下さい(開発する元気はない・・・)

しかし、「山形県」への反響が少ないのが気になります。誰か突っ込んで欲しいなあ。じゃないとシリーズが続けられません。「長野県」とか「熊本県」とか他にもいろいろ控えているのになあ。

|

« 山形県がヒトのカオに見える件 | トップページ | 長野県がヒトのカオに見える件 »

33特集「景観まちづくり」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 景観ボランティアとコミットメント:

« 山形県がヒトのカオに見える件 | トップページ | 長野県がヒトのカオに見える件 »