« ああ、憧れのウユニ塩湖 | トップページ | 浄化センターなる様式(2) »

2009.06.19

景観配慮型基地局

「Capsule Site」は輸送しやすい形状で提供され、設置時間を最大50%、設置コストは最大30%削減でき、1日で設置が可能としている。複合素材からなるカバーにより、重量は800kgにおさまる。また、塗装・照明でカスタマイズでき、タッチスクリーンや広告スペースも設置できる。
──「ケータイWatch 090618の記事」より引用

携帯電話の基地局については、本紙でも過去に何度が取り上げております。

あさみ新聞: 景観配慮型の基地局
あさみ新聞: 携帯の鉄塔は景観阻害要因か?

今回は景観配慮型の基地局の話。エリクソンです。デザイナーはスウェーデンの建築家、トーマス・サンデル。「Capsule Site」というネーミングだそうです。

この他にも、同氏のデザインによる「Tower Tube」というタイプがすでに提供されているそうな。
まあ、なんか日本全国に散らばっている鉄塔よりも、ナンボかはマシですな。
編集長的には「もう少しシンプルにならなかったか?」と思います。

編集長主宰の新しいデザインユニットにて、新しい携帯基地局のデザインをやってみようかと思ってます。ではでは・・。

|

« ああ、憧れのウユニ塩湖 | トップページ | 浄化センターなる様式(2) »

33特集「景観まちづくり」」カテゴリの記事

コメント

>のデザインをやってみようかと思ってます。

で思い出しましたが、
↓このデザインはやらんの?
http://www.kobe-np.co.jp/news/touban/0002009296.shtml

投稿: ちはる支局長 | 2009.06.19 22:24

おわ。西脇だ。来住邸がバックなのが泣かせますな。
やります。ぜひ。

そうだ、元町商店街と、浜坂のハマダイコン
応募作品があるので、あとでアップします。

投稿: あさみ編集長 | 2009.06.20 11:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 景観配慮型基地局:

« ああ、憧れのウユニ塩湖 | トップページ | 浄化センターなる様式(2) »