« 丸井金猊展 | トップページ | 京都に来ました »

2008.06.02

まんとくん

永井さん(ageeeさん?)のところの
Ever Green Forest -- blog: 「せんとくん」の対抗馬出揃う 〜所詮はじゃんけんの後出しか
にトラバです。

まあ、なんかアレです。
せんとくんへの対抗馬が現れたようです。

まんとくんだそうです。
うーん。皆で考えることは悪くないですが、あんまり「せんとくん」と「まんとくん」が対立したまま、っていうのもどうかと思うので、ここは一つ、新ユニット「ならせんと・まんと」とかいうユニットを作って、お笑い界にデビューするってのはどうすかね。

まあ、とにかくこの騒ぎで、奈良の注目度は格段にあがったワケで、そういう意味では「なら せんとまんと」はよく頑張っているのではないかと思います。いや、当事者ではないゆえの無責任さは承知で言いますが、仲良くやった方がぜったいいいと思うよ。

他にも「なら せんとまんと 卓球対決」とか「なら せんとまんと スケボー対決」とか、「そろばん対決」とか、そういうイベントもいいかも知れません。ま、どんどん遷都イベントの趣旨からは離れて行きますが・・・。

どうにも忙しいので、これまで。
ではまた。皆さん。

■本紙関連記事
コンペ敗戦のお知らせ

|

« 丸井金猊展 | トップページ | 京都に来ました »

23社会面3(ゆるキャラ)」カテゴリの記事

コメント

せんとくんよりは好感持てますが・・・
マントいるんですかね?

ユニット名、笑っちゃいました。

投稿: shomari | 2008.06.03 00:02

まあ、名前がまんとだから仕方ないっていうか・・・。
(私は誰のために何の言い訳をしているのだろう・・)

投稿: あさみ編集長 | 2008.06.03 01:41

私はせんとくんの方が好感もてるのですが。
候補の中、どれが選ばれてもせんとくんには勝てないなと
思いました。
イベントのキャラクターでありながら、オリジナル性がないところが面白くないです。ま、今回はオリジナル性を否定したための公募でしたが。

大阪市のキャラクター
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200805270071.html
もいまひとつ。「よそがやっているから」「公募しました」感が
あふれています。

そういう点では、ちゃすりん かわいい!


「唐ワン」についてはどうですか?

投稿: ちはる支局長 | 2008.06.03 05:34

トラバありがとうございます。

マスコミの論調からいえば、世論はまんとくんに付くのでしょう。テリー伊藤氏や始祖みうらじゅん氏らのせんとくん評価の意見は、ゆるキャラのわびさびが理解できないとむずかしいかな。

ひこにゃんで、ローカルキャラからもメジャーが目指せるという行政側の思惑が大きくなり、その瞬間、ゆるキャラ開発から、ただのキャラ開発に移行している現状は、「ゆるキャラ」というカテゴリーの存続にかかわる問題でしょう。

そういう主催者サイドの思惑から見て的を微妙にはずしたせんとくんには、「ゆるキャラ」としての素質が大。これに対抗しようとした市民軍は、結局、ローカルからメジャーへ路線を目指してしまい、土着な感じのない洗練されたものを産み出してしまったということではないでしょうか。

作成者がなにもわからずに作っていた時代が「ゆるキャラ」の黄金時代なのであり、みうらじゅん氏がそれに対して「ゆるキャラ」と叫んでしまった瞬間、「ゆるキャラ」は終焉に向けて走り始めたと考えています。というわけで、最近は地域戦隊ものの方が楽しいかなと思ったりしてます。三重県はすごいですね。

投稿: ageee | 2008.06.03 07:34

遅ればせながら・・・奈良県民が・・・

ある意味批判をうけつつも、今ではせんとくんはしっかりとキャラクターとして根ざしてきているような気もします。

かわいくないことは決して悪いことではないということかな?

しかし、奈良市から離れていると遷都祭もどうなっていることやらわかりませぬ。

うちの近所から行くと藤原京や明日香などになるので、県内全体で盛り上げるとすれば全ての流れをまとめたうえでやらないといけないかもしれませんね。
県内に京が

投稿: ひろき@左官理事 | 2008.06.06 21:42

最後の一行は編集ミスですので・・・(^^;)

投稿: ひろき@左官理事 | 2008.06.06 21:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26464/41406072

この記事へのトラックバック一覧です: まんとくん:

» ならせんと・まんと [谷中M類栖]
「せんとくん」と「まんとくん」の奈良三条通りでの受容状況と「せんとくん」の兄「鹿坊」、そしてその制作者である藪内佐斗司氏について。 [続きを読む]

受信: 2008.08.03 03:00

« 丸井金猊展 | トップページ | 京都に来ました »