« 花見中 | トップページ | 「きしきし」した建物(2) »

2008.04.14

京都のマンションがすごいことに

tempeiさんの「ここまでやるか京都の景観政策」にトラバ

まあ、リンク先をみてくんなまし。
ここまでやるか京都の景観政策

なかなかに絶句です。いいのかな。こんなんで・・。
まあ、でもルールに従おうと思ったらこうなるんだよなあ・・・。
それは皆が分かってたことなんだけど・・。
ホントにコレを目指してたのかな?


本紙の関連記事
景観条例 〜今、京都で起きていること〜
景観配慮型「賃貸住宅」(京都)

|

« 花見中 | トップページ | 「きしきし」した建物(2) »

33特集「景観まちづくり」」カテゴリの記事

コメント

ありゃ。
今サイトを見に行ったら
http://www.daimaruya-kyoto.co.jp/rokkaku/index.html
ホントに町家を残しているってことかね。

町家保存手法の1つってことかね。
(あんまり居留地の海岸ビルと変わらないような気がしてきましたね。そうでもない?)

海岸ビルはこんな感じ(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%B7%E5%B2%B8%E3%83%93%E3%83%AB

編集長が働いている方の海岸ビルヂングはこちら
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%B7%E5%B2%B8%E3%83%93%E3%83%AB%E3%83%82%E3%83%B3%E3%82%B0

投稿: あさみ編集長 | 2008.04.14 21:23

生物でいう擬態ですね。町家をくっつけたほうは、ヤドカリが自分の殻に本物のイソギンチャクをつけるのを髣髴とさせる。

関係ないけど、龍野ショッピングセンターのキャラクターです(下のURL)。歩けません。4月30日まで名称募集中らしいが、応募先はわからない。あ、きょうはお待ちかねの、奈良の鹿角童子の名称発表の日だ。

http://egf.air-nifty.com/forest/2008/04/post_4498.html

投稿: ageee | 2008.04.15 05:53

きのう このマンションの建設地前を通りました。
景観問題だけでは語れないまちづくりの難しさが
潜んでいますねぇ。

現地界隈を久しぶりに散策しましたが、
今の現状ではこの手法もアリだと思います。

投稿: ちはる | 2008.05.12 09:32

はい。

アリかナシか、と問われればたぶんアリなんです。

デザインの良し悪しは別にして、少なくとも今のところ政治的には大いに正しいわけだし・・・。これを否定するところから始めても意味はないのよね。

ふむ。
続編をまて。

投稿: あさみ編集長 | 2008.05.12 11:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都のマンションがすごいことに:

« 花見中 | トップページ | 「きしきし」した建物(2) »