« 「民主主義」 | トップページ | エコ×マーク »

2007.12.11

いばらきブルー(2)

水戸地裁(水戸市大町)の柵(さく)をめぐる“景観論争”で、地裁の加藤新太郎所長は10日、柵の塗り替えを断念したことを明らかにした。地裁は県のシンボルカラー「いばらきブルー」への塗り替えを希望していたが、市側が「色が鮮やかすぎる」と難色を示していた。

加藤所長は「景観を守りたいという市側の意見をくんだ」としながらも、「『いばらきブルー』は県民に身近な色ではないのか」と不満もちらり。市都市計画課は「地裁の配慮に感謝する」としている。

この“論争”は、国の特別史跡「弘道館」など地裁周辺の景観との調和を重視する市側と、県のシンボルカラーにこだわりたい地裁側が対立。「いばらきブルーは景観を損ねるか否か」が争点になっていた。
──「産経新聞-Yahoo!071211の記事魚拓)」より引用

akanem特派員からの情報によると、なんだかこないだの話「いばらきブルー」問題は決着がついてしまったらしいです。かなり無難なところにまとまってしまいました。

裁判所長がごねている感じが微笑ましいです。

先日の記事では、

これをきっかけに、景観論議が活発になるといいですね
──あさみ新聞「いばらきブルー」より引用

などという、ヘタレなまとめ方をしてましたが・・・。結局、いばらきの風景にとって「何が重要か、何が重要でないか」「何が許せるか、何が許せないか」というような議論もなく「ケバいからダメ」ということで落ち着いちゃったということのようです。
編集長は、別に青がいいとも思わないけど、青だからだめとも思いません。議論を尽くすことなく市が「ケバいからダメ」というのなら、景観条例も市議会も住民参加も必要ないよねえ。

それともちゃんとしたルールあっての話なんだろうか、どうなんだ?
そこんとこは、akanem特派員の続報が待たれるところです(<ヘタレ編集長)

|

« 「民主主義」 | トップページ | エコ×マーク »

33特集「景観まちづくり」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いばらきブルー(2):

« 「民主主義」 | トップページ | エコ×マーク »