« カキ | トップページ | 春節祭 »

2007.02.21

景観配慮型の基地局

「忍者型アンテナ」続々 携帯基地局増加で景観に配慮
作り物の枝葉をまとって大木に化けたり、神社の格子戸の奥に潜んだり——。携帯電話のアンテナ基地局に、周囲の風景に溶け込んで姿を消す「忍者型」が増えている。ケータイの爆発的普及と足並みをそろえ、電波をやりとりする基地局も急増。各地の郊外に高さ数十メートルに及ぶ鉄塔が次々と姿を現すようになり、便利さと景観維持の兼ね合いが求められるようになったためだ。
──asahi.com「070221の記事魚拓)」より引用

まあ、なんかアイデアとしては悪くないと思います。でも、この記事には写真が掲載されているのですが、この写真には「竹そっくりの擬竹アンテナ」って言われても困ってしまう、ヨクワカラナイ物体が写っています。近所の主婦のひとが「竹林に紛れて目立たない」と評価されているようですが、編集長的には「ホントかな?」感漂いまくりです。ともあれ、まあ、リンク先の写真を見てみて下さい。

さて、そういう工夫もいいけど、各社が別々にアンテナを立てている現状をなんとかしたらどうだろう、などと思っていたら、山梨県では高さ20メートル以上の基地局を立てる時はライバル会社に共同利用を呼びかけるよう指導しているとか。ふむふむなるほど。

記事によれば、この「擬竹アンテナ」の他に、「大木に化け型」「山小屋型」「街路灯型」「立ち枯れシラカバ型」などがある模様です。いろいろ考えるなあ。その土地の状況に合わせて鉄塔のデザインを考えるという姿勢そのものはすごく良いと思います。あとはデザインのセンスが大事というところでしょうか。

実は、編集長。「なんだかなあ」という気分でもあります。携帯電話会社という新興勢力が飛びついたというあたりに、なんだか妙な匂いを感じないではありません。こういった手法がマニュアル化されていくにつれて、だんだん「景観配慮」も「ユニバーサルデザイン」同様、消費されていくのかなあと思ったり・・・。

この「明確に否定する要素はないように見えるにもかかわらず釈然としない」感じはなんなんだろう。

もしかして、地域景観に以前よりコミットしている編集長よりも、後発の新興勢力が組織の力で景観配慮を大々的に押し進めているという事実が単に気に入らないだけだったりするのかな、と自戒をこめて思ったりしている編集長なのでした。わはは。

ともあれ皆さん感想下さい。

【追記】
石川初さんのコメントで気がつきました。なるほど、この話と「中国の緑化の図」、2つの話はつながっているんだ。石川さんどうもありがとうございます。

というわけで、皆さん、石川さんのところを見て来て下さい。
この2つです。
身辺メモ: 常緑岸壁
身辺メモ: 中国の赤い壁

|

« カキ | トップページ | 春節祭 »

33特集「景観まちづくり」」カテゴリの記事

コメント

近くで撮影した写真がありました。
http://www.pkml.com/csbs/docomo_tree1.jpg

これは、「緑で覆われた山」を「緑色の面」に翻訳しちゃった、例の「緑の壁」と五十歩百歩だなあ。単に「景観」の、あるひとつの側面を拡大解釈してるだけですもんね。

投稿: 石川初 | 2007.02.21 21:32

おお。へんな木だ(笑。

石川さん、コメントどうもありがとうございました。
石川さんとこの「緑化の図」ネタにリンクはっておきます。

しかし、面白いものを集めているヒトがいるものですね。
ま、編集長が集めつつあるナマコ壁と大差はないと思うけど。

投稿: あさみ編集長 | 2007.02.21 21:54

「携帯電話会社という新興勢力が飛びついたというあたりに、なんだか妙な匂いを感じないではありません。」
う〜ん、補助金でも絡んでいるのだろうか?
まあ、企業努力としてやる分には、やらないよりやった方がよいという意味で、大きな目で見てはいかがかな。
まち中の携帯電話アンテナ問題は、町並みについての合意形成とかも、絡むかもしれませんが。

投稿: Tempei派遣社員 | 2007.02.22 09:54

Tempei派遣員さま

うむ。どうも編集長的にはそんなに簡単な問題ではなさそうです。どうも「社会的にやらないよりはやった方がいい」とかそういうレベルの議論ではなくて「編集長はこれを許すか許さないか」という問題のような気がしています。許すとしたらそれはなぜか、許さないとしたらそれはなぜか、そのあたりをきちんと説明できるようになると、もう少し迷いがなくなるんだけどなあ。

しかし、この記事を書いた時に感じていた直感の通り、どうもこれは許してはいけない種類のものかも知れないと、思ったりするのですよね。まだ分かんないけど。

投稿: あさみ編集長 | 2007.02.22 23:12

うちの側では30メーター程のアンテナ塔が建っていますが、二上山、耳成山を望むベストポイントが台無しです。

「編集長はこれを許すか許さないか」という問題のような気がしています。>
そうでしょうねぇ[壁]ー ̄)ニヤッ
投げやりとしか受け取れなさそうな中途半端な偽装具合に不愉快さを感じます。

投稿: ひろき@すろ~左官理事 | 2007.02.23 20:43

普通の携帯アンテナ、全然気になりません。
出来るだけシンプルにタワーが建っているものは、構造美が感じられて好ましく思います。個人的に好きなアンテナタワーの形とかありますよー。

ただ、昔からの景勝地では、やっぱり困りますね。

その場合、ただ、目立たなければ良い訳です。
今回の忍者アンテナは、「これでホンマに目立たないのか?」だけが議論の焦点だと思います。忍者アンテナの写真を撮って、「これでいい?」ではなくて、景観の写真をとって、「やっぱ目立っちゃいますか?」と議論を進めるべきでしょうね。景観が重要であってアンテナのデザインはどうでもいいのだから。

とはいえ、この擬態デザインは裏目に出たな、と感じます。単純に気味悪いもん。セーラー服着たオッサンを女子高に入れたら、なおさら気味悪い、って感じ。「普通に背広着てきてくれ」と言いたい。もちろん、馴染もうとした努力は認めますけれども、やっぱ「イタイ」。

投稿: hira | 2007.02.26 02:02

表現が回りくどいから、言い直します。

今回の擬態アンテナ基地局は、
擬態したが故に、よりいっそう不気味な存在となっており、
それなら何もせん方がよかったんちゃうか、

ということです。

例えば・・・
女子校に紛れ込むために、セーラー服を着たオッサンがいたと、すればそれはバカ。背広着てる方がなんぼかまし、ってことです。

投稿: hira | 2007.02.26 02:11

>ひろき左官理事
うむ。読まれてますね。なんだか回りくどい言い方しましたが、実際これ、許せません。

>hiraさん。先日はどうも
なるほど。この気持ち悪さをきちんと説明していだだけましたね。女子校アナロジーは、編集長にとってはとても分かりやすかったです。
携帯の基地局のアンテナ、私もそんなに嫌いじゃないです。っていうか必要なものが見えている状態って、必要なものが見えないよりも分かりやすいですもんね。
一方、自動販売機とか、メーターボックスとか、エアコン室外機なんかが格子で隠されていたりすると、その土地の住民さんたちの、努力が伝わってきて、なかなかステキと思うのですけどね。

投稿: あさみ編集長 | 2007.02.27 16:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 景観配慮型の基地局:

» 「忍者型」携帯基地局 [独 言 工 房]
最近の携帯基地局は、景観に配慮した「忍者型」が増えているとのこと。携帯の普及に伴って基地局が急増、景観とのマッチングが求められるようになった結果だそうです。山小屋と大樹を模したものや(引用元には写真有り)、竹を模したもの(これも引用元には写真有り)、立ち枯れ..... [続きを読む]

受信: 2007.02.21 22:36

« カキ | トップページ | 春節祭 »