« 今日のちゃすりん | トップページ | 赤いイタリア文化会館(2) »

2007.02.03

和風—洋風スケール

なんだか色々と、どたばたしてますが、すごく面白いことを考えついたので備忘録としてメモしておきます。

景観についての議論を住民さんたちとしていると「和風」とか「洋風」といった言葉が出て来ます。実は編集長は「和風」と「洋風」についての明確な定義を持ち合わせていないので、あまりこの言葉を使いません。「和風のまちなみを目指しましょう」といったとき、「和風って何?」と聞かれたら、編集長はおそらく答えに窮します。
(便器の和式・洋式なら明瞭なので説明可能だけどね)

ここで普段なら「和風」ってナンだ?「洋風」ってナンだ?という議論に突入するのが、いつものあさみ新聞の編集方針ですが、今日はひと味違います。実は、この問題に決着をつけようとしても答えが出ないような気がします。それはおそらく、和風・洋風を定義しようとするからいけないのです。ということで編集長はある道具を考えました。

その名も
「和風—洋風スケール」っ!!
  (ドラえもんのポッケから物が出て来る時のノリで)

和風と洋風を測る定規を作ります。これを当てるだけで、どれくらい和風なのか洋風なのか分かるという画期的な道具です。

え?
何言ってるんだって?

そんなものドラえもんでもなければ出来るワケない、と思ってますか?
わはは。そこは編集長、シャレや冗談だけでこんなことは言いません。画期的な道具を現在構想中です。近日公開できると思います。これで和風・洋風論争に終止符が打てるぐらいの画期的な発明のような気がして来ました(悪ノリしすぎ。そんな大したものではありません)。

ま、編集長の性格をご存知の読者諸賢には、だいたい想像ついていると思いますけど・・・。

製作にちょっとだけ手間がかかります。編集長一人だと大変なので、協力いただける方はお申し出下さい。一人でもできる単純作業です。ご協力いただいた方には、編集長のノウハウを伝授して差し上げます。(って、これじゃ怪しい「ノウハウ本販売サイト」とか「あなたも今日からネットで儲かりますサイト」みたいだケド・・)

|

« 今日のちゃすりん | トップページ | 赤いイタリア文化会館(2) »

33特集「景観まちづくり」」カテゴリの記事

コメント

おもしろそうですね。週末のあさみ新聞、工作実験コーナー(?)

私は「和風」のスケールは感覚的に持っているのですが、
和風←→洋風ですか。(「欧米か!」っていうネタ実際に見たことないな)

「洋風」っていうの、アメリカもヨーロッパ諸国もひとくくりにしてるのが気になりますが、できれば中華風もお願いします。

投稿: ちはる支局長 | 2007.02.03 07:16

和風と和式との違いは?

~風ってのは「それっぽい」という曖昧さを残した感じ?
~式ってのは「~しかない!」と断定?
和洋折衷てのもありますからねぇ・・・

疑問符付けて逃げてみる俺(^^;

いぶし瓦がのっていれば和風か
S瓦がのっていれば洋風か

まぁ・・・とりあえず

協力者か強力者w→σ(▼▼;)

私もたまーに同じこと考えてましたよ(^▽^)

投稿: ひろき@左官理事 | 2007.02.05 00:02

>ちはる支局長さま
工作ともちょっと違うんだけど、面白くなりそうな感じ。
中華風で思い出したけど、
http://plaza.rakuten.co.jp/jiangsi/diary/200609040000/
で紹介されているサイト。面白いですよ。
試してみたら?

>ひろき左官理事さま
えーと。簡単に説明できないので、公開したときに
また強力な協力をお願いしたいと思います。
何となく実現できそうなイメージは描けているんだけど。
必死でやっても、1ヶ月ぐらいはかかりそうです。

投稿: あさみ編集長 | 2007.02.05 01:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 和風—洋風スケール:

« 今日のちゃすりん | トップページ | 赤いイタリア文化会館(2) »