« 臨時休刊のお詫び | トップページ | 設計ワークショップ »

2006.01.13

ニセのナマコ壁

ペイントでした。篠山市にて


060113_1700.jpg

|

« 臨時休刊のお詫び | トップページ | 設計ワークショップ »

13芸術欄 (まちの素描)」カテゴリの記事

コメント

質問します。篠山はなまこ壁文化圏なのでしょうか?
なまこ壁といえば岡山方面の印象ですが、兵庫県内のなまこ壁分布をご存知でしたら教えていただきたいのです。


投稿: ちはる支局長 | 2006.01.13 20:50

無知な私はタイトルを見たとき
ナマコの壁って何やろう・・・ヌルヌルすんのかな・・・・
と思ってしまいました。

こんな私でスミマセン

投稿: shomari | 2006.01.13 22:04

ぎくっ。なまこ壁、、、、。鋭いご指摘。
そういえば県内であまり見ませんね。気づかなかった。

編集長はなんとなく、なまこ壁という名前とあのデザインが好きで、目にとまるとついつい宣伝してしまいます。例えば
戦慄のなまこ壁
などですね。これは浜坂町(現:新温泉町浜坂)の事例でした。(浜坂は鳥取文化圏)

これぞ「正統派なまこ壁」というものがないのですが(上記浜坂の事例は別格として、、、)手元の膨大なまちなみ写真の中から、温泉町(現:新温泉町の湯村温泉周辺)の建物写真795枚セットを選んでなまこ壁を探したところ、数例発見しました。しかし、ほとんど全てキッチュ系、というか、勘違い景観配慮系だったりします。

それから、去年尼崎の古い住宅をたくさん見学させていただいた時に、かなりきれいななまこ壁を拝見しました。

支局長のおっしゃる岡山の例ですが、備前の閑谷学校でなまこ壁を発見。

手持ち写真をあたるのは大変なので、とりあえずここで中止。
(あとでちゃんとやります。いま、ちょっと忙しいの。)

簡単に当たれるデータベースとして、編集長がよく使っている
私の好きな兵庫のまちなみ100選
の100例を全部見てみたところ、確かになまこ壁はほとんどありません。
ただし、龍野に1例だけありました。(龍野にはまだまだあるような気がします。)
でも龍野はかなり岡山に近いですね。

全国的には
伊豆の松崎町
なんかが有名かと。長八さんのところですね。

うむ。なまこ壁、奥が深いな。ちょっと真剣に取り組みます。
題して

「なまこ壁マッピングプロジェクト」

ちょっと準備が必要ですね。近々立ち上げます(ああ、そんな事を言ってしまっていいのか、、、)ので、支局長も協力よろしくお願いいたします。そだそだ、ひろき左官理事にもご登場願いましょう。よろぴく。

投稿: あさみ編集長 | 2006.01.13 22:21

ふはははは。ケンチクは奥が深いのだよ。>shomariさん
「犬走り」や「踊り場」(リンク先を読むこと)に始まって、
「ぶどう棚」とか「ハト小屋」とか、、。
「持ち送り」とか「虹梁」とか「出三斗」(デサントではありません。「でみつと」)とか、、。
「吹き寄せ」とか「掃き出し」とか、、。
そういうワケわかんない言葉がたくさんあるのだよ。
(いくつわかりましたか?)

ああ、なんて奥が深いんだろう(笑

あまり学生をイジメてはいけませんね。
あまり深刻に悩まなくてよろし、まじめにやってれば出会う言葉ばかり(?、、でもないか、、、)ですから。

投稿: あさみ編集長 | 2006.01.13 22:38

ども、呼ばれました(^^;
松崎町では保存運動やブロック塀の補修にモルタル塗りではなくなまこ壁を施工して・・・とやっているようなのを聞きます。
奈良も結構あると思うのですが、車で走っていて見えるような所というのは少ないですね。
塀にしてある所はまず無く、ほとんどが蔵なので中に入らせてもらわないと見えないと思います。
マッピングは困難かと・・・・(^^;


投稿: ひろき | 2006.01.14 00:14

チェコで古くからある教会などで、にせレンガ壁などがあって、それはある意味、本物よりもスゲーって感じでした。だいぶ先にはなると思いますが、エントリーするつもりなんで、その際はTBしま〜す。

投稿: m-louis | 2006.01.14 04:20

なかなか兵庫県でなまこ壁の街並みって見ないんですよね。看板(?)にするくるらいだから篠山はもしかしてなまこ壁文化圏かと思ったのです。手元の街並み本をみてみると篠山でなまこ壁に修景した記述もあったのですが。
なまこ壁が全然ないのかと思えば、ひろき左官理事のおっしゃるように蔵の腰壁使われている例は見つかるのです。

「勘違い景観配慮系」・・・・的確な表現だと思います。
なまこ壁の機能が良いので新築・改修に持込んだのならまだ理解できるのですが、全然関係ないところになまこ壁(のデザイン)を持込んで「景観に配慮しました」と喜ぶ姿勢が気に入らないのです。以前、気に入らない例をエントリしようかと思いましたが、本当になまこ壁文化がないのかどうか気になって保留状態です。
書けたらTBいたします。

投稿: ちはる支局長 | 2006.01.14 07:41

なまこ壁マッピングをはじめてみます。(TBしました。)
とりあえず「ちず窓」でマッピングしましたが、何人かで共有できる便利なシステム、ないですかねぇ。

投稿: ちはる支局長 | 2006.01.17 08:49

googlemapを使うといいんでは?
和大・「和歌浦スケイプ」(和歌の浦地区の景観デザインを考えるサイト)ではXoops!にgmapモデュール使っています。(はじめたばかりですが)
http://archi.sys.wakayama-u.ac.jp/~wakaura/modules/mygmap/ 

投稿: hira | 2006.01.26 13:44

いつも、楽しくかつ刺激を受けつつ、購読させていただいています。
さて、「マッピング」という言葉に反応しました。
ふたつほど頭に浮かんだものがあるので、ご紹介。

ひとつは、東大の都市計画系の研究室で開発された、「カキコまっぷ」。
http://upmoon.t.u-tokyo.ac.jp/kakikodocs/
「皆の持っている、まちの情報(=地図上にマッピングできる)を交換しよう」
という、まちづくり的ツール。
地図を媒介とした、掲示板ってとこでしょうか。
写真も貼れるみたいなので、今回の目的にもマッチするかも。

もうひとつは、実際には今回の目的には使えないと思うけれど、こんな感じで
マップを構築できたらおもしろそう、という、Flickrで見かけたこれ。
http://brainoff.com/worldkit/flickr/groups/kiteaerialphotography/pool/tags/geotagged/&nocache=1
地図上の赤い点は、そこで撮影された写真の存在を示しています。
カーソルが赤い点に重なると、その写真が浮き出てくる、と。
これを、GoogleMapのAPIを使って、地図上でグリグリできると楽しそうですよね。(すでにありそうな…)

ちなみに、上記の地図上にマッピングされているのは、いわゆる「凧写真」。
凧を揚げて、カメラをぶら下げて写真を撮る、というアレです。
世界中に愛好家が大勢いて、すばらしい写真を沢山撮っていて驚きです。
http://www.flickr.com/groups/kiteaerialphotography/

投稿: yone-zo | 2006.02.03 22:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26464/8141788

この記事へのトラックバック一覧です: ニセのナマコ壁:

» 厄神さんのなまこ壁 [ちはろぐ]
宗佐の厄神さん(宗佐厄神八幡神社)の神輿庫もなまこ壁 宗佐厄神八幡神社のサイトによると1925年(大正14年)に新築とあるが、古びた様子は感じられない。 剥げて [続きを読む]

受信: 2006.01.17 08:42

» 三木市のなまこ壁 [ちはろぐ]
先日久しぶりに出身地、三木市の旧街道を歩く機会があった。歴史街道ののぼりがあちこちにみられ、古い街並みを残す運動が根づいてきているように思えた。 古い蔵を模した [続きを読む]

受信: 2006.01.18 21:20

« 臨時休刊のお詫び | トップページ | 設計ワークショップ »