カテゴリー「01人声人語(雑談・独り言)」の記事

2015.05.06

はるのたくらみ、そしてチューニング

春といっても、もう暑いよね。ゴールデンウィークだもの。
あんまり記事を更新しないと、また「言ってるだけオトコ」の烙印を押されてしまうので、最近仲良しの「西宮流(にしのみやスタイル)」さんのことを少しだけ。

西宮流 → 西宮流(にしのみやスタイル)

ひょんなことでおつきあいの始まった「西宮流(にしのみやスタイル)」さん。
5月4日にお邪魔して、今年度の計画についての秘密会議を開催してきました。

Img_1217

こちらの岡本さん(左)と木下さん(右)はとっても楽しい人達。
岡本さんは、楽しいそうなことなら何でも飛びついて、人をつなげまくって、風呂敷を広げるだけ広げまくって「楽しそうでしょ?さあ、みんながんばって!」っていう振り回し系キャラ(笑)
廻りのみんなは、振り回されながらも、楽しみながら広がっていく感じ。

編集長も人生訓として「巻き込まれることこそ人生」を掲げる身でして…実は現在、全力で巻き込まれ中です(笑)。

そして今は、いくつかのプロジェクトを一緒に進められないかを模索中です。まあ、プロジェクトといっても、それがすぐに「お仕事」になるかどうかは全く分からないのですけどね。

初めて岡本さんに会ったその時に「お互いに、全くお金が儲からなさそうな空気をまとっているので、あんまり近寄らないようにした方がいい」と合意したのは、全く間違っていなかったと言ってよいと思います(笑)

いくつかのプロジェクトの他にも「つながりを広めることの価値について」や「私達はなぜお金がないのか?仕事のやり方が悪いのか?(←そうだってば…)」とか「Wordpressの利用法」とか「録画録音アーカイブの方法論」の話とか…

お茶とアンパンで、4時間近く盛り上がって帰ってきました。(ごちそうさまでした)

チューニング

普段よく会っているようで、なかなかじっくり話し込むことのない人達と、会って時間をかけてゆっくり雑談をするのって重要ですよね。こういうのを編集長は人間関係の「チューニング」と呼んでいます。オーケストラと同じで、時々、お互いに音程をちゃんと合わせておかないと響き合えなくなっちゃう。

ちょっとした悩みの相談とか、アイデアの虫干しとか、知らなかったお互いの能力の共有とかね。
きっと会って話すのって大事なんだと思います。そうだ。チューニングは大事だな。

そんなわけで、あちこちで、皆さんの話をお聞きすることが、当面のミッションのような気がしています。そんな企画も、ぼちぼちと用意できると思いますので、しばしお待ちを。

─────────────────────────

さて、西宮流さん。
現在はららぽーと甲子園2Fの西宮市情報発信スペース「クリエートにしのみや」を活動拠点に、西宮の情報発信をしながら、多彩なタレントを巻き込んで、多彩なイベントを開催中です。

Img_1218

とっても面白い活動をされてるのでぜひ足をお運びいただければと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.10.11

季刊「地域」

勢いで年間購読した季刊「地域」
表紙に相良さんが載っててびっくり♪
茅葺きアツいよね。
林業の話も面白そうだし。
やっぱり年間購読して正解かも。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

さて、ブログを再開しましょうか♪

掛け声だけで終わらないことを祈っててね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.03

なんとまあ…おそろしい

もう、半年も放置してました。反省。
ちょっとマジメにやります。


(あら?今日はそれだけ?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.05

姫路市のご当地ナンバー(気仙沼も♪)

ゆるキャラネタなんですけど。こういうナンバー。増えてますね。
Himeji_number_2

兵庫県姫路市の125cc以下の原付バイクのナンバープレートが11月15日から選択制になる。姫路市では市のイメージキャラクターの「しろまるひめ」を描いた「ご当地ナンバープレート」を採用しているが、従来のナンバープレートを求める声が挙がり2種類から選べるようになった。
日本のナンバープレートは現在3つの種類がある。登録自動車用の「自動車登録番号標」と、軽自動車や2輪車用の「車両番号標」、そして原動機付自転車や小型特殊自動車などに付けられている「標識」だ。このうち「標識」は、一部の市区町村で独自に形状やデザインが決定されている。
──「MSN産経ニュース120930の記事」より引用

愛媛県松山市が、原付2輪のナンバープレートに雲の形(「坂の上の雲」からきているらしい)を採用して以来、各地でこの手のナンバーが増えてますね。こんなご当地ナンバーを採用している自治体が139あるとこの記事では述べています。本誌編集部としては「139種類のデザインをここに並べたい!」と思うのですが、手間が膨大なので諦めました。興味のある方は、ぜひ資料作成の上本紙編集部までご紹介下さい。紹介させていただきます。

編集長が、この記事のどこに反応しているかというと、その文末です。

姫路市では無料で通常型に交換できるようにする予定だが、番号は変更される。なお小型特殊自動車は従来から通常型のみの採用。ミニカーはデザインナンバーと通常型の選択が可能だったため、変更はない。車やバイク好きの好みは多種多様なようだが、ユーザーにとって選択肢が増えるのはうれしいことだ。
──「MSN産経ニュース120930の記事」より引用

「うれしいことだ」って…。そんな紋切り型の記事…恥ずかしくないのかしら…。なんて思うわけです。
最後の1文はどうしても必要だったのかな…。記事として…。

今日はこのへんでー♪

■追伸

記事を書いたあと調べていたら、気仙沼はサメなんだそうな。
なんでサメ?

Kesennuma_number

画像はこちらのサイトからいただいてきました。ごめんなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.04

どんな時にも希望はある

与えられた課題が難しければ難しいほど、締切りまでの時間がなければないほど、自分の力が発揮できるような気がするのは気のせいですかね?

たぶん、能力や時間に余裕があって、のびのびやっていたら、良い結果が出るという人もいるのかも知れないけれど、編集長的には、ギリギリの状況で追いつめられて、死に物狂いで背伸びして成果を出した時の方が、良い結果を残せているような気がします。まあ、それも気のせいかも知れないけど…。

編集長。どんな時にも希望はあるし、もがいていれば出口はそのうち見えてくるものだと信じて疑っていないところがあります。

普通に人として暮らしていたら、困難な状況に陥ることだってありますよね。

だけど、どんな窮地に追い込まれたとしても、その状況に希望を見いだせなくなったらダメだと思うんです。

「こんなの大したことない。必ず出口はある」そう信じてニコニコ過ごしていたら、きっと希望が見えてくるハズ。あとはそれをどこまで本気で信じられるかってことが大事なのだと思って生きてます。

楽観的といえば楽観的だとも言えるけど、いろいろくぐり抜けながら身に付けてきた世渡りのテクニック(処世術)みたいなものかも知れないなあと最近は思ってます。

だからできるだけニコニコしていよう。

締切りに追いまくられても、どんなに難しい無理難題を投げかけられても、ニコニコしていられるようなタフな人でいたいと思ってます。

まあ、言うだけなら簡単なんだけどな(笑

皆さんは今、ニコニコしていますか?
(↑調子にのっている…)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.09.27

ご趣味は何ですか?

趣味は何?って聞かれるコトないですか?

苦手だったなあ。その質問。何で人の趣味を確かめたいのかそのモチベーションが分からない上に、趣味がないなどと答えようものなら「趣味がないなんて、なんて可哀相な…」なんて目で見られたりして、肩身の狭いことこの上なかったですよ。

だいたい、公言できる趣味なんて、ホントに趣味なのかどうか分からないものね。

いやいや、例えば考えてみてくださいよ。趣味は読書とか言ってるあなた!最近ちゃんと本を読んでますか? 映画鑑賞というあなた、今月は何本映画を見ましたか?
あれ?ごめんなさい。せめてるわけじゃないですよ。
無理やり趣味を決める必要はないと言いたいだけです。

余暇を過ごすためのビジョンをあえて趣味と呼ぶなら、私の趣味はお酒と、わが家の店長の相手でしょうか? お酒はあんまりほめられた趣味とは言えないので履歴書には書かないでしょうし、娘の相手が趣味ってのもねえ…。

だから私は趣味らしい趣味のない人なのだと思ってます。まあ、強いて言えば生きることそのものが趣味(なんてカッコいいことを言ったつもりになって悦に入ってるつまんないオトコ)

若かりし頃は、趣味がないなんて恥ずかしいと思っていたけど、最近は別に恥ずかしいことでもないと「仕事が趣味です」なんて言ってみたり。

「誰かの役に立ちたい。それが趣味かも♪」なんてのもはちょっと言い過ぎですよね…

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012.09.26

言葉を届ける

今日は内田樹先生から

違いは一つだけです。「届く言葉」には発信者の「届かせたい」という切迫がある。できるだけ多くの人に、できるだけ正確に、自分が言いたいこのことを伝えたい。その必死さが言葉を駆動する。思いがけない射程まで言葉を届かせる。

孫引きで大変申し訳ないのですが内田先生の『街場の文体論』からの一節だそうです。
私たちの言葉には、この切迫。この必死さがきちんとあるかどうか。
伝えたいと思わなければ伝わらない。
それはどんなに仲良しであっても同じことです。

また、伝えたいと必死に思えば伝わる。ということでもある。

あなたは、誰かに、本気で伝えたいことがありますか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012.09.23

夫婦は他人

我が家の娘(6年生)の本紙記事上での通称は「店長」。その由来は「いつきや」の店長さんだから。
いつきやは、いつき新聞の発行や、はんこ作りワークショップ、貸本屋、シール屋、似顔絵屋などを多角経営しているお店です。今日はその店長の話。

春先のことだったと思いますが、店長は私とうちの奥さん(通称:庭ガール)を前に並べて説教をし始めました。

「いうても、夫婦は他人やねんからな。何も言わんでも通じると思ったら間違いやねんで…」

おっしゃる通り過ぎて、何も言い返せない父と母だったのでした。
こういう時に「父と娘だって、何も言わなくても通じると思うのは間違いだよなあ…」とか、たとえ思ったとしてもそんなことを口に出してはいけません。どんなに生意気になっても、娘はいつになっても娘。血がつながっているってそういうコトか…などと一人考えてみたりしましたよ。

良い子に育って欲しいです。
そして、いつまでも仲良しでいれたらいいなあと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.09.19

インプット論

「アクセス数の異常な伸びの原因は本人だった」

いや、文字通り…。

一時期はかなりな数だったけど、ずいぶん更新をサボってからは、一日50〜60ページビューのお客さんに来ていただいてます。あさみ新聞もずいぶんマイナー紙になっちゃったねえ…。朝日新聞に載った時も、一日8,000ぐらいまでしか伸びなかったので、まあ知れているといえば知れてます。人数は減ったけどコアなお客さんが多くなってきたので、それはそれでうれしくもあります。

時々ものすごくページビューが増えている時があってびっくりするんだけど、実は自分で過去の記事をさかのぼりながらみてたりしているのが原因だったりします(笑

いや、かなり面白いっすよ。「あさみ新聞」のバックナンバー。

若かりし頃は、生意気だったけど、なかなか鋭いことも言ってたのねえって。ちょっと感心する時があります。あと、本を結構読んでたなあと思います。まあ、言ってることはあんまり変わってないのは、ブレがないっていうか成長してないっていうか…(ダメじゃん…)

社長業なんかやっていると、お仕事をこなすことだけに夢中になってないといけなくて、なかなか本を読む機会もなく…。本当はそんなんじゃいけないんだろうけど…。

「インプットが必要」

新しい価値を生み出すには、インプットがどうしても必要です。無からは何も生まれないからね。
実は本なんか読まなくても、普段の生活の中からどれだけのインプットが拾えるかを意識しておくと、かなりインプット量を補完できます。道を歩いていても何をしていても、全てがインプットであるようなそんな生活を心がける。それが、いざという時のアウトプットに役立ちます。
(まあ、要するにボーっと歩いてちゃダメだぞってことです)

見ること。聞くこと。人に会うこと。感じることが大事です。あと建築設計業界で大事なのは、描き続けていること。手を動かさないと何も創造できないし、描かないと上手にならない。

もがき苦しんでもいいけど、頭を抱えているヒマがあったら手を動かせ。これが鉄則。


楽しく学び続けられる。そんな人でありたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧